ビジネスクラスに安く乗る方法

贅沢に旅行を満喫する方法を格安に

スポンサーリンク





【インボラ】アップグレードされるか狙ってみました その1【ブリティッシュ航空】

前回記事で色々書きたいことがあると伝えたのですが、まずは実体験から行きましょう。と言っても搭乗記ではなく(搭乗記は色々なブロガーさんが書いてるので)、インボラがされるかをわざと狙ってみた経緯と結果を書きたいと思います。

 

 

インボラアップグレードとその条件とは?

インボラアップグレードと一般的には呼ばれていると思いますが、正確にはインボランタリー・アップグレードのことですね。このブログを読んでくださっている方には釈迦に説法でしょうか。インボラアップグレードは乗客にとっては大変に嬉しいもので、エコノミークラスの航空券代でビジネスクラスに乗れたりするのですから、アップグレードされた人は本当にラッキーですよね。

私のインボラアップグレードの経験

かく言う私も、仕事で飛行機に乗り始めた20年ほど前、国際線に乗るたびにビジネスクラスへインボラアップグレードされるという奇跡の連続に遭遇したことがあります。航空券はエコノミーでしか買ったことがないのですが、毎回当然のようにビジネスクラスに乗っていた、という時期が有りました。あれは何だったのか今でもとても不思議な体験ですが、年に約4回の搭乗、合計10~12回ほど連続で、ビジネスクラスにインボラアップグレードされました。ANAマイレージクラブの会員でしたがシルバー止まり、利用する航空会社もタイ航空、シンガポール航空JALベトナム航空と、ANA以外にもよく乗りましたが、それらでもインボラアップグレードされました。

当時はスーツで飛行機に乗っていた

仕事でのフライトがほとんどでしたので、スーツを着て搭乗することが功を奏していたのではないかと思います。なので、プライベートで飛行機に乗る際にもスーツを着てチェックインして、アップグレードされたらその後ラウンジで私服に着替える(笑)ということをやっていました。しかし、仕事内容が変わってしまい一時期はほとんど飛行機にも乗らない期間ができてしまいまして、その後の転職でまた多く飛行機に乗るようになりましたが、最近ではスーツを着ててもインボラにはほとんど関係ないような気がします。しかし、知り合いのマイラーさんがかなりの確率で(ほぼ100%と言っていました)インボラを受けていると聞いて、私も狙ってみようと思い立ちました。

インボラアップグレードの条件は開示されていない?

実はこのインボラアップグレード、各航空会社でそれぞれの基準があるのでしょうが、どのような人がインボラアップグレードされるのか、その条件は開示されていません(私が知らないだけ?)。いろいろな人がインボラされるための作戦をブログに書いていたりするのですが、実際には憶測でしかなく、確実なものはないのではないかと思います。

 

ブリティッシュ航空でインボラアップグレードを狙ってみた

さて、前置きが長くなってしまいました。長文だと頻繁に記事を書くのがまた億劫になってしまいかねないので、短くなるように簡潔に書きます。

エグゼクティブクラブのゴールド会員(ワンワールド・エメラルド会員)

以前にも書いたことがありますが、私はブリティッシュ航空のFFPであるエグゼクティブクラブのゴールド会員です。ワンワールドではエメラルド会員となります。JALでいうところのダイアモンド会員と同等です。このエグゼクティブクラブ・ゴールドですが、そんなに苦労せずに気付くとなっていた、って感じです。近年ビジネスクラス航空券が安いマレーシア航空様々です。マレーシア航空のビジネスクラスに数回乗ったら自然とゴールド会員になる資格が取得できていました。

エグゼクティブクラブ・ゴールドを維持するための搭乗で狙ってみた

今期運良くゴールド会員になれたのですが、実は来期もゴールドになれるだけのティアポイントが溜まりましたので、来期のゴールドを確実にするために、エグゼクティブクラブ上級会員になるための条件の1つである「ブリティッシュ航空のフライトに4搭乗しなければならない」というのをクリアしておこうと思いまして、休暇でこの4搭乗をこなすためにヨーロッパに行こうと思いたちました。そして、この搭乗時にインボラを狙ってみようと考えました。

インボラのための条件を絞る

何度も何度もインボラをされている知り合いの助言を整理すると、以下のような条件を満たすときにインボラされる、そしてそれは狙って出来る、ということでした。

  1. その航空会社の上級会員であること(最上級会員であれば尚良し)
  2. 特典航空券ではなく、航空券代を支払っての搭乗であること
  3. エコノミークラスが満席であり、ビジネスクラスに空きがあること

私は1.2.に関しては満たすことが出来ましたが、3.に関してどのようにすれば良いかわからなかったので、色々と自分なりの試行錯誤を行ってみました。

行先はパリ、フライトはBAで BKK⇔(LHR経由)⇔CDG

BAのウェブサイトから私が拠点としているバンコク発でどこに行くのが最も安く効率よくBAフライト4搭乗をこなせるかと、色々と行先を変更しながら価格を調べてみたところ、ベルリン行きとパリ行きが比較的安いことが分かりました。不思議なことに、BKK⇔LHR(ロンドン)の航空券より、BKK⇔(LHR経由)⇔CDG(パリ)の航空券の方が安いのです。全く同じ飛行機に乗り、さらにその先に乗り換えるにも関わらず、です。この辺が航空券の面白いところであり奥の深いところですね。

さらにKUL経由にすればもっと安くなった

行先をパリに絞ってまた色々といじっていると、これまた不思議なことに、この次のルートが最安値として出てきました。

  往路:BKK→KUL経由→LHR経由→CDG
  復路:ORY→LHR→BKK

 KUL=クアラルンプール

 ORY=パリ、オルリー空港

なぜBKK⇔(LHR経由)⇔CDGの往復より、一度KULを経由する、しかもそこはBAではなくマレーシア航空なのでBAにとって安くするメリットが無いような、このようなルートの方が安くなるのか、初めは疑問でした。このことは、実は安い航空券から売れていくため、BKK→LHRの安い航空券は既に売り切れてしまって高めの航空券になってしまっているのではないかと推測できます。この旅行を計画していた日程はタイの連休に当たるため、往復とも結構な搭乗者数がいることも簡単に想像できましたので、これらにより、上述した条件の3.を満たすことが出来るのではないかと考えました。もちろん、確実ではありませんが。。

さらにインボラを確実にするためにPYクラスを購入

上述した航空券ですが、全旅程エコノミークラスで33,000バーツ、日本円で約10万円でした。これが最安値でした。BA便にはPYクラス(プレミアムエコノミークラス)があり、エコノミークラスを購入しようとすると一緒に表示される場合があります。その際、復路のLHR→BKKのみPYクラスにした金額も表示されましたが、これが、38,000バーツ、日本円で約11万5千円だったのです。エコノミークラスとの差額わずか1万5千円、このことは、やはりエコノミークラスはほぼ満席で同じエコノミークラスでも高い方の航空券しか残っておらず、PYクラスとほぼ同額になっているのではと推測できました。

と、すると、万が一エコノミークラスが満席の場合、PYクラスが空いていればそこにインボラアップグレードされるのではないかと考えられますよね。この場合、せっかくのアップグレードなのですが、差額がたった1万5千円ですので、ちょっとありがたみが薄れるというか、、、航空会社には大変失礼な話ですがどうしてもそのようなことを考えてしまいます。

しかし、もし、この差額1万5千円を支払ってPYクラスを取っておけば、インボラアップグレードに当たった際に、ビジネスクラスに乗れるのではないかとも思いましたので、何のためらいもなくPYクラスの方で購入いたしました。ちなみに、このPYクラスを含めた航空券でも、同じ日程のBKK⇔(LHR経由)⇔CDGより安かったので、エコノミークラスはよほど埋まっているのではないかと期待しました。

やはりビジネスクラスに乗りたい

BA便のビジネスクラスと言えば、フルフラットシートは当然ですし、交互に向かい合って座るちょっと変わったシートです。このシートも経験してみたかったですし、さらに、LHR→BKKは12時間ほどもあるロングフライトですから、やはりビジネスクラスに乗って楽に旅行したいですよね。

 

http://www.aviationwire.jp/wp-content/uploads/2014/10/141009_a380_baw_04-640.jpg

http://www.aviationwire.jp/wp-content/uploads/2014/10/141009_a380_baw_05-640.jpg

 リンク:

http://www.aviationwire.jp/archives/47292

 

航空券の購入はBAの公式WEBサイト上で

今回のこの航空券もBAの公式WEBサイト上で購入しました。理由としては、私がスカイトラベラープレミアカードを所有しているからです。こちらのクレジットカードで決裁したところ、今回のこの航空券の購入だけで、約5,750マイル分のポイントを貯めることができました。このポイントをBAエグゼクティブクラブのAVIOSへ交換すれば、特典航空券でJALの日本国内線1搭乗分となりますね。

 

まとめ

ちょっと長くなってしまいましたので、アップグレードの結果等は「その2」として書きたいと思います。