ビジネスクラスに安く乗る方法

贅沢に旅行を満喫する方法を格安に

スポンサーリンク





【欧州発券】 格安ビジネスクラスを購入して利用することを検討する 【その2】

さて、前回では、欧州発券の格安ビジネスクラスを利用するために検討すべきことをまとめ、その1つである出発地点をどこにするかということを決定し、航空券(航空会社)を、アリタリア航空 か ブリティッシュ航空 の 2つに絞りました。ここから、どちらにするのがより良いか、ということを情報を探しながら決定したいと思います。

普段何気なく調べたり決定したりしているプロセスを、改めて文章にまとめるのって難しいですね。普段から情報収集した際には記録を残しておくべきでした。

まずは、前回のおさらいですが、検討すべきことは以下の様なことがあります。

  1. 欧州発の航空券の出発地点をどこにするか
  2. 欧州発の航空券の選定
  3. 欧州内の出発地点まではどうやって行くか
  4. 欧州での観光スケジュールと宿泊地
  5. ホテル価格と選定
  6. 2017年に復路で欧州再訪した際の、次の航空券

前回はまだ1しか決定できておりませんが、山場は 3.欧州内の出発地点まではどうやって行くか、だと思っていますので、それまで足早に進めます。

 

 

AZとBA それぞれの航空券の条件を調べる

普段私はワンワールドにこだわっているので、今回のようにほぼ同額の航空券を見つけた場合には迷いなくBAの航空券を選ぶのですが、AZも候補に入れいている理由としては、「ミラノ経由」ということに魅力を感じているからです。このAZの航空券が、下記の条件を満たしていれば、出発地のベルリンだけでなく、ミラノ観光も追加のお金をかけずに可能となります。

(条件1)ミラノでストップオーバー可能

(条件2)復路の日程変更可能

条件2に関しては、今は復路を来年のGWの頭に設定していますが、本当はGWではなく来年の夏休みにしたいと考えています。まだ来年夏休みの予約を入れられないので(殆どの航空会社で330日前から予約可能)、取り敢えずGWの日程で航空券を買っておいて、後で復路の日程を来年の夏休みに変更してしまおうという作戦ですので、こちらの条件も必要になってきます。もちろんこの条件はBAにも必要となります。

航空券の詳細を調べる前に、まず最初に断っておきますが、私はネット上の情報を調べたりして独自の方法で調べ方をしますが、最終的には各航空会社や販売会社のコールセンターに電話して確認することが多いです。その方が確実だからです。ですので、本記事の内容に関しても、皆さんが実際に購入する場合にはご自分でコールセンターにご確認されると、より確実な情報を得ることができますよ、と事前にお伝えしておきます。私の情報が誤ってる場合もありますので。

AZ航空券の詳細を調べる

では早速AZの航空券で上記の条件が満たされるかどうかを調べようと思います。航空券の条件は、予約クラスによって決まっていますが、路線によっては独自ルールが会ったりします。この独自ルールがややこしいんですよね。

この航空券を見つけたスカイスキャナー ーから、実際に予約画面まで進めてみて、航空券の予約クラスやルールが表示されないかチェックします。進めてみると、この航空券の販売者は DeNAトラベル なんですね。日本企業も頑張っています。

 スカイスキャナー から予約画面まで進んで、条件をチェックしてみました。

 

f:id:thaimorimoto:20160711210401p:plain

 

あらら、変更できない、という航空券のようです。これだと候補にすることはできないですねー。あっさりと候補から落ちてしまいました。

 

BAは変更可能

一方のBAは変更可能なことは間違いないです。しかし、変更手数料として200ユーロかかってしまいます。条件は以下の通り。

 

f:id:thaimorimoto:20160711211321p:plain

 

ここに不審な一文が。「航空運賃の差額をお支払いいただきます」

ん??差額???

ということは、今安くこの航空券を変えたとしても、もし変更する際に航空券を高く売り出している時期であれば、価格が上がった分の差額を支払うということでしょうか?

これに関しては、ぐぐってもしっかりとした回答が見つかりませんでした。こういう時はどうするか、そう、カスタマーサポートやコールセンターに問い合わせてみましょう。

 

まとめ

ということで、AZかBAかという問題に関してはBAにしようという方向にはなりましたが、条件の中の不審な一文により、もしかして今安く変えても後々高い金額を払わなければならないのか、という不安が残ることとなってしまいました。

そうなのであれば、手数料の200ユーロも惜しいですから、8月の出発日ギリギリになってから購入して2017年度の復路分は変更しないようにすべきなのかと思いますが、まずあこの条件の詳細がどのようなものなのかを確認するために、コールセンターに電話して問い合わせようと思います。その結果次回記事で。