ビジネスクラスに安く乗る方法

贅沢に旅行を満喫する方法を格安に

スポンサーリンク





【5月19日まで】マレーシア航空 バンコク発 激安ビジネスクラス再び & デルタスカイマイルお勧めの使い方

5月3日で終わったはずのマレージア航空(MH)激安ビジネスクラスが、なんとさらに安くなって再びセールになりました。この航空券は、バンコク発の BKK⇔日本 往復ビジネスクラスで約8万円という激安ぶりでしたが、なんと今回は更に安くなり、BKK⇔東京(成田)往復ビジネスクラスで、約7万4千円となります。(1バーツ=3.1円として)

f:id:thaimorimoto:20160507163830p:plain

驚愕の バンコク⇔ソウル 往復ビジネスクラス 約5万5千円!

今回のセール、安いのは バンコク⇔日本 だけではありません。他にもお得なビジネスクラスが幾つか目につきますが、驚きなのは バンコク⇔ソウル の17,635バーツ、現在のレートで日本円に直すと約54,670円です。なんと、5万円半ばで約5時間の中距離フライトのビジネスクラスが乗れてしまいます。

しかし、こんなに安く投げ売り状態にするとは、やはりあの大きな事故2件立て続けに起こったことが影響しているのだと思いますが、マレーシア航空は大丈夫なのでしょうか??

マレーシア航空は大丈夫なのか?

大丈夫なのか、というのは、もちろん経営のことですが、経営が悪くなってくると見えないところにお金をかけない、お金を回さないというのは、経営の悪循環として起こりえる話です。航空会社で言えばフライト中のサービスなどは目に見える部分ですが、飛行機の整備など目に見えない部分で人員削減したりしてきちんと整備されない、そしてまた事故が起こる、などということは絶対に避けてもらいたいことです。

あの大きな事故があっても、1日に何百本も便数を飛ばしているナショナルフラッグな航空会社だし、たまたま運悪く事故にあってしまっただけでで、またあのような大事故が起こるのは確率的に少ないだろう、なんて思っていましたが、これだけの投げ売りをするということはやはり経営がかなり厳しいのではないかと思いますし、経営が厳しいならやはり見えないところの経費を削減していくのでは、と勘ぐってしまいますね。

~んん、、買うべきかどうか。。

 

デルタ航空 お得な特典航空券 日本⇔韓国

バンコクからソウルへ行ったとしても、ソウルから日本へはどうやって行くのか、といいますと、私の場合、デルタ航空(DL)のマイレージプログラムであるスカイマイルでこつこつと貯めたマイルが使う機会のないまま結構溜まっていまして、使える機会を伺っていました。この使える機会というのが、韓国⇔日本 のフライトです。

 

デルタ航空スカイマイル使い道として私が一番お勧めなのが、この 日本⇔韓国(逆も可)の特典航空券です。この特典航空券は、デルタ航空スカイマイルのWEBサイトからスカイマイルを使って獲得できますが、実際に予約をする便はデルタ航空と同じスカイチームに所属している大韓航空の便です。日本⇔韓国 往復エコノミークラスの特典航空券を獲得するのに必要なマイル数が、片道75,00マイル、往復15,000マイル とかなりお得なのです。ただし、オンピークに指定されている日にはこの2倍が必要になるようです。

デルタ航空は毎年「ニッポン500マイル・キャンペーン」というのを行っているので、デルタ航空便に乗らなくてもマイルを貯めることができるんですね。しかも、私が昨年から何度か利用したLCC並の価格でフルサービスキャリア、しかもナショナルフラッグでありデルタ航空と同じスカイチームに所属しているベトナム航空(VN)に乗っても貯めることができます。ガルーダ・インドネシア航空(GA)もまたスカイチームの一員ですので、インドネシアに出張に行って国内移動をすると必ずお世話になり、デルタのスカイマイルが貯まります。

 

結局は

1年に何回も日本と東南アジアを往復するので、やはりこのマレーシア航空(MH)のような安くビジネスクラスに乗るチャンスがあれば逃したくない、というのが本音です。12月15日までの便が購入できますので、なるべく先の方の便を予約して見ようかとも思っています。正直、それが何の意味があるのかといえば、ただ気持ちの問題だけなのですが。。